群馬・前橋東部の情報をゆるりと更新中!

【体験談】⑥硝子体手術・黄斑前膜と同時に白内障手術をしました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
前橋在住のRikoです。息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報や地元のウォーキングコースを紹介しています。また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅のレポートもしています。よろしくお願いします。

こんにちは!Rikoです。

黄斑前膜と白内障の同時手術、片目のみ、単焦点レンズ、近く合わせでの手術をしました。

術後1か月で、黄斑にむくみがでて、注射をするかもしれないと言われていましたが、手術をしていない左目に痙攣を起こしてしまいました。

術後1か月から2か月の様子をお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

術後1か月で黄斑にむくみが!

術後1か月で、自動車用のメガネをつくる。

 

本当は、普段用の眼鏡も作りたかったが、先生からは、右目と左目の差を少し出しているので、近くも遠くも見えるはずと言われる。

 

確かに、裸眼で見たときには、前より見える範囲が、広がったと思うが、日常的な家での生活、仕事での視力はないと思う。

 

今までのメガネでは、合わなくなっている。

車用のメガネも右目(手術あり)は一段階下げて、左目(手術なし)は、1段階上げたようだった。

 

視力測定の看護師さんによると、この先、視力の変化があると思う。

メガネは、半年の保証があるので、その辺になったら、再度測定をしてくれるそう。助かる。

 

手術をしていない左目の下瞼に痙攣が!注射は?

とうとう、1か月と2週間で、左目下瞼が痙攣を起こしてしまった。左目が重い。頭皮が痛いほど張っている。

 

1か月後の予約を待たずに、診察をしてもらう。

 

この時点で、両目とも検査をした。左目はだいぶ疲れているようだが、異常はなかった。

 

注射をするかもと言われていた右目は、注射はしなくても大丈夫となり、目薬も中止となった。これは一安心なのだが??

 

見え方は、電信柱が曲がったままだ。それでも、両目での視力は出ているそう。

 

黄斑はキレイで、白内障のレンズもきれいに入っているということだった。

 

あとは、自分の回復力ということになるのかもしれない。

 

平松類先生の「期待をし過ぎない」という言葉が身に染みる。

 

医者ができることは、膜を取ること、あとは自分の回復力。

 

まだまだ、2か月だから、焦ることはないと考える。

 

仕事に差し支えるということで、手元用のメガネを作りたいと懇願。だいぶ楽になる。左目を守るためにも良いと思う。

 

足がだるい、ジンジンする。全身血行不良に!

1か月を過ぎたころ、足がだるくて仕方なくなった。

 

足の先がジンジンして、ネットで調べると下肢静脈瘤とか糖尿病とかの疑い?

 

とりあえず、内科に行って調べてもらうと糖尿病は大丈夫だった。

 

悪玉コレステロール180ということで、家族歴を聞かれた。

 

薬を飲んだ方がよいと言われるが、術後の安静で、1か月まったく歩いていないことを話す。リハビリをして生活を見直すという。

 

コレステロールは、ここ数年、高かったが、あまり気にしていなかった。糖尿病やコレステロールを勉強するいい機会と思う。

 

今、考えてみれば、1か月歩いていないので、足がだるくなるのは当然。

 

ふくらはぎのマッサージや足のグーパァは行っていたが、安静にしすぎたのか?ウォーキングはしないし、買い物も行かず、生協で届けてもらっていた。

 

この時期、第5波の緊急事態宣言が出ていたので、無理に買い物に出ないほうがよいと考えた。

 

安静第一ということたが、その代償で、足の先から、頭皮まで、全身が血行不良になってしまった。

 

湯船に入る、洗髪、洗顔は、清潔を保つと同時に血行を促すということで大事なことと思う。

 

毎日、3000歩からリハビリをはじめた。慣れないメガネなので、足元がおぼつかないことがある。

 

まさに、「泣き面に蜂」状態だった。

 

1か月と2週間で仕事に復帰、週1程度からスタート。

 

足のだるさは、だいぶ解消された。

 

新しいメガネをかけたり外したり、かけ替えたりで、忙しい。

 

左目は、まだ痙攣があり、重だるさはある。

 

毎朝、起きると今日の目の見え方はどうかな?と不安になる時もある。

 

黄斑前膜の手術をされる方は、心に余裕をもって自然に回復することを待ちましょう。

 

目の手術は簡単なの?という興味深い動画があったので紹介しておきますね。

 

目の手術は簡単? NO!

白内障手術ですと10分くらいで終わりますね。入院もないですから、簡単のように感じるかもしれません。

 

手術は、努力の結晶だったんですね。本当に感謝です。

目を傷めないように短時間で終わらせる。術後の見え方へのプレッシャーもあるようです。

そのために、日々の努力が欠かせないということですね。

〇の目玉で、練習しているそうです。

 

⑤術後、1か月までの記事はこちらです!

 

変化があれば、レポートしていきたいと思います。

参考になれば、幸いです。ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
前橋在住のRikoです。息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報や地元のウォーキングコースを紹介しています。また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅のレポートもしています。よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Rikoの散歩気分でハイキング・ウォーキング! , 2021 All Rights Reserved.