群馬・前橋東部の情報をゆるりと更新中!

90歳母・要介護3・ショートステイで発熱・PCR検査をしました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
前橋在住のRikoです。息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報や地元のウォーキングコースを紹介しています。また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅のレポートもしています。よろしくお願いします。

こんにちは!Rikoです。

今回は、コロナ禍で、発熱したらこんな感じだったというお話です。

PCR検査の様子は、よくテレビで放送されますが、実際体験してみないとわからないものですね。

ドライブスルー方式で、母がPCR検査をした様子をお伝えしますね。結果は、陰性だったのでよかったです。

これは、2021年11月11日時点でのお話です。

 

スポンサーリンク

90歳母 ショートステイで38.7度の発熱

義母は、2泊3日で、ショートステイに行っています。

 

1泊目の深夜に38度以上の発熱があり、翌朝は37.2となったそうです。

 

2日目は水分のみで、食事ができず、痰がひどいということでした。

 

3日目は、熱は平熱に戻ったようなのですが、裸足でフラフラしてしまい、行動がおかしい。

 

ショートステイでは、食事ができていないので、点滴をしてもらった方がよいということでした。

 

唾液での検査をしようとしましたが、唾液がでないので検査ができなかったそうです。

 

かかりつけのクリニックに、相談してみた。

電話で、聞いてみると以下のようなことでした。

 

「たとえ、今は、平熱に戻ったからといって、いきなり診察することはできないんですよ。」

 

「まずは、PCR検査をしてください。」

 

今後の診察は、すべてリモートで、スマホでのやり取りになる。

 

ショートステイに迎えにいって指定の時間(午前11時半)にクリニックに到着。

 

PCR検査は、ドライブスルー方式でした。

スマホで、看護師さんにおよその病状を話す。

 

次に先生にかわって、詳しい病状を話して、水分は大事だから飲ませることなど注意事項を聞く、痰を切る薬咳止めの薬ロキソニンをだしてくれる。

 

PCR検査は無料でした。詳しくは、わかりませんが、医師がPCR検査が必要と判断したので、無料になったようです。この辺は、はっきりはわかりません。

 

診察代と薬代も車からの支払いです。翌日のPCR検査の結果連絡の代金も含まれるということでした。

 

おつりと薬と一緒に防護服の看護師さんから、PCR検査の注意書きの用紙が渡されました。

 

PCR検査の手順はこちらです。

母を運転席の後ろの座席へ移動して待機です。(マスク着用)

 

検査時は、母の窓だけを開けて他の窓は全部閉め切る

 

PCRの検査時は、マスクを下げて、鼻だけを出す。

 

顔は前方をみる。

 

頭や顔を動かさない。

 

10秒から20秒で終了。

 

先生が防護服の姿で検査へ

綿棒を母の鼻へ差し、10秒待って抜きました。

 

母は、「痛い」と苦渋の顔をしています。くしゃみを連発しました。

 

くしゃみが出る前に、窓を閉めればよかった。と今から思う。

 

終了後は、窓を閉めてそのまま発車です。

 

結果が出るまでは、母はもちろん私も外出はせず人とも会わないように、家に留まるようにということでした。

 

結果は、翌日10時に連絡がありました。前日の検査時間は11時半でした。

 

陰性ということがわかり、晴れて診察をしてもらえるわけですが、あまりによく寝ているので、このまま休ませることにしました。

 

結局、クリニックを受診できたのは、4日後となりました。

 

その頃には、咳や痰がだいぶ治まり、食欲も戻りつつありました。

 

風邪は全快してよかったですが、足腰が弱り、リハビリが必要ということになりました。

 

友人が発熱した時のことを聞いてみた。

友人が発熱(高熱で動けない)したときは、救急車で、前橋日赤に運ばれたそうです。

 

大病院では、コロナ専用のところがあり、すぐにPCR検査や血液などいろんな検査がされてベッドで休んでいるうちに、約2時間くらいでPCR検査の結果がわかったそうです。

 

陰性でしたが、持病があるため2日間の入院をしたそうです。

 

今後のために、かかりつけのクリニックに聞いてみた。

クリニックによって異なりますね。

 

私は、コロナ禍で、手術をしたりしましたが、幸い発熱はありませんでした。家族も発熱がなく過ごせていたので、気がつきませんでしたが、今回のことで、当たり前が当たり前でなくなったと感じました。

 

今までのように、熱がでたから風邪をひいたからお医者さんに行くというのはないです。まずは、電話で相談ですね。

 

また、急に具合が悪くなったから、往診してください。というのも、今の時代ないということです。

 

高齢の義父も流行り病があるということはわかっていますが、コロナでのお医者さんのシステムが理解できないんですね。

 

早く、お医者さんに診てもらうとか、そうでなければ往診と言いますが、そのどちらも叶わないということですね。

 

まずは、リモート診療となって、必要ならばPCR検査薬の処方、その後、陰性ならば、診察OKということになります。

 

こちらのクリニックでは、寝たきりの方を対象に、契約をして計画的な訪問診療は行われているそうです。

 

東京では、コロナでも、訪問してくれる専門の医師もいらっしゃるみたいですけどね。

 

動ける場合は、かかりつけ医に電話で相談してみましょう。

 

急な高熱で、動けない場合は、救急車がいいかもしれませんね。

 

どうしていいか、わからない場合は、保健所に聞いてみましょう。保健所の発熱外来もあります。

 

「第6波」が、来てもなだらかにすみますように!

参考になれば、幸いです。ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
前橋在住のRikoです。息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報や地元のウォーキングコースを紹介しています。また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅のレポートもしています。よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Rikoの散歩気分でハイキング・ウォーキング! , 2021 All Rights Reserved.