群馬・前橋東部の情報をゆるりと更新中!

【体験談】④硝子体手術・黄斑前膜と同時に白内障手術をしました。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
前橋在住のRikoです。息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報や地元のウォーキングコースを紹介しています。また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅のレポートもしています。よろしくお願いします。

こんにちは!Rikoです。

喜びも束の間、術後1か月の検査で、黄斑にむくみが出てしまいました。目に注射をするかもしれないと言われ、目薬で様子を見るということです。

そう言われてみると、右目だけで見ると電柱が少し曲がって見えます。以前にはない症状です。テレビの文字も少し見づらくなっているようです。

急に不安になってきましたが、この病気は、自分の回復力ということで長い目でみる必要がありますね。

今回は、黄斑前膜と白内障手術はどんな感じだったのか?お話しますね。

 

スポンサーリンク

手術当日は?

手術3日前より目薬が始まります。

 

当日は、入浴して指定の時間に眼科へ入ります。

 

服装は、前開きのシャツを着ていきましょう。リラックスできるような服装がいいです。

 

時計やネックレス、コンタクト、補聴器や入れ歯もはずします。

 

指定時間に行くとそこには、30人程の方が待機していました。付き添いの方もいらっしゃるので、手術する方は、半分くらいと思われます。

 

皆、とても落ち着いてるように見えます。

 

おひとりの40代と思われる女性の隣に座って、「白内障手術ですか?」と小声で尋ねる。

 

私は、「黄斑前膜もなんですよ。」というと、その方は、「私も黄斑前膜と言われていますが、今回は、白内障手術だけです。」と言う。

 

いろんなケースがあるんだなと思う。

 

手術前の体調確認と血圧?

順番に呼ばれて、血圧と体温、その日の体調の確認があった。術前につける目薬を渡される。

 

戻ってくると落ち着いて見えた人が、みんな血圧が上がったと口々に言う。それぞれに緊張していたのですね。

 

私もドキドキで、血圧が140になった。

 

次第に手術が済んだ方が、会計を済ませ帰っていく。

 

ついに呼ばれた。部屋に通され、ポケットのものを全部出す。服の上から、上半身だけの手術着を着て、待機する。

 

前の方と入れ替わりに手術室に入る。

 

黄斑前膜と白内障の同時手術はどんな感じ?

↓手術後は、こんな感じです。お見苦しくて失礼します。

 

 

 

手術台に仰向けになると心臓の鼓動が最高潮に達してしまう。

 

人差し指にコロナで酸素を測るような機械がされたようだ。

 

看護師さんから、肩を優しくポンポンとされて、「ゆっくり深呼吸をして下さい。」と言われ、我に返る。

 

次第に落ち着いてきて手術が始まった。

 

右目全体にシールのような物が貼られて、目の部分だけが切られて瞼が固定されたようだ。

 

強い光が見えた。あとは、色がわかる程度で手術でどんなことをしているかは、わからない。

 

15分くらいで、「白内障手術は終わりました。」と声をかけられた。これからが本番です。

 

眼球に0.5mmの針が3本刺さるわけですね。どのような時か、わかりませんが、目を強く押された感じがあった。ちょっと嫌な感覚だ。

 

「次に、黄斑前膜をするときは、全身麻酔がいいかな?」とか頭をよぎる。

 

「リラックス、大丈夫。」と心の中で交互に繰り返す。

 

途中、もう我慢できないという感情にもなる。

 

白内障だけの手術なら短時間だが、黄斑前膜は少し長いと感じた。

 

先生は、無言で、集中しているようだ。かなりの緻密な作業なので、こちらも我慢しなければなりません。

 

時々、機械の音だけがする静寂の中。

 

いきなり、チクッと2回の痛さがあり、痛いと声を上げてしまう。

 

その後、先生より「終わりました」の声がけがあった。

 

最後の痛さは何だったのか?わからない。とにかく無事終わってよかった。

 

手術室に、入ってから出るまでは、約50分間だった。

 

その後、リカバリー室で30分ほど、横向きで休む。会計をしてタクシーで帰宅。

 

その日から、寝るときは、うつ伏せか横向きの生活が始まる。2週間ほど安静に過ごす。

 

↓黄斑前膜と白内障の同時手術

③手術前の検査、費用、付き添いについてはこちらです!

 

次回は、術後2週間のことをお話したいと思います。

ご参考になれば、幸いです。ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
前橋在住のRikoです。息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報や地元のウォーキングコースを紹介しています。また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅のレポートもしています。よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Rikoの散歩気分でハイキング・ウォーキング! , 2021 All Rights Reserved.