群馬・前橋東部の情報をゆるりと更新中!

信州・伊那市・こやぶ竹聲庵(ちくせいあん)で十割蕎麦を食す!の巻

2018/12/25
 
こやぶ竹聲庵 伊那市
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます。前橋在住のRikoです。 息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。 Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報をお届けしています。歩かないとリンパが巡らない年齢となり、地元のウォーキングコースやお買物、日帰り温泉などをセットで提案できるようなサイトにしたいと思っています。 また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅をレポートしたりもしています。よろしくお願いします。

こんにちは! Rikoです。

8月上旬に、信州、南木曽の妻籠宿と馬籠宿に行ってきました。

その道中こちらの伊那市こやぶ竹聲庵(ちくせいあん)で、おそばを食しましたのでご紹介します!

地元産の玄そばを石臼で自家製粉し手打ちをしています。

361号のロードサイドで、囲炉裏の風情ある雰囲気で、十割蕎麦が、リーズナブルなお値段で食べられます。

 

スポンサーリンク

 

こやぶ竹聲庵(ちくせいあん)入り口

こやぶ竹聲庵

駐車場から、見ると営業中の看板がなければ本当にお店なの?という雰囲気で、穴場的存在を醸し出していました。

権兵衛峠の登り坂の途中なので、通り越してしまうこともあるかと思いますが、事前に調べておいたので、気が付きました。

この先は、峠になりますので、飲食店はあまりないと思われます。こちらに入店できてよかったです。午後1時入店。

クロワッサンやおやきも販売中、チーズクロワッサンは50円でしたよ。もしかしたら、安くなっていたのかも?

 

こやぶ竹聲庵

こちらは入り口です。

かがんで、敷居をまたいで入らなければなりませんが、足腰の弱いお年寄りの方には、扉全体を開けてもらえます。昔は馬が出入りしていたそうです。

店内はお客さんで、いっぱいでした。

和室には、大きい囲炉裏が2つあり、その周りに、7.8人が座れるような感じです。

囲炉裏のテーブル席もあり、その周りにもテーブル席があります。奥のテーブル席に通されました。

 

こやぶ竹聲庵(ちくせいあん) 十割蕎麦

こやぶ竹聲庵

こちらは、ざるそば(1人前2枚)で1030円です。

この写真は上からなので1枚に見えますが、2段になっています。多すぎると思いましたが、意外と食べられました。

 

ざるというと、のりと思いましたが、そばの香りの為に、のりなしになっているのでは??のりは、別注で100円でした。

 

薬味は、ネギ、わさび、大根おろし、焼きみそです。焼きみそは、初めてですね。

1枚目は、最初はそばのみで味わいます。その後、薬味を入れます。

2枚目はみそを入れます。みその香ばしさで、一層風味がよくなりました。

 

十割そばというとぼそぼそして食べにくい印象ですが、こちらのお蕎麦は、柔らかくみずみずしい中に、こしがあると感じました。

 

おつゆは、あまめでしたが、2枚目に味噌を入れたら、ちょうどよくなりました。

 

数種類の小鉢があります。

こやぶ竹聲庵

にしん400円もたのみました。

身欠きにしんみたいな硬さを想像しましたが、やわらかく、箸ですっと切れて甘過ぎずおいしいかったです。

 

こやぶ竹聲庵のメニューはこちら。

こやぶ竹聲庵

こちらがメニューです。他に飲み物や甘味もあります。

ざるそばも人気でしたが、おろしにしんそば(1540円)も人気でしたね。

ざるそば+好きな小鉢が、おススメです。

冬は、温かいにしんそばがおいしそうですね。とうじそばも食べてみたいです。

 

こやぶ竹聲庵 (ちくせいあん)のアクセス


  • 住所:〒399-4501 長野県伊那市西箕輪与地6563
  • 電話:0265-78-9966
  • 駐車場:専用駐車場あり20台程 (道に沿って縦に長い)
  • 営業時間:午前11時から午後3時頃 (売り切れ次第終了)
  • 定休日:毎週水曜日 (都合により変更有)
  • 前日までの予約優先
  • 入り口に「静かにお召し上がりいただくため、お子様の入店をお断りすることがあります」とありますが、騒がなければ大丈夫です。家族連れの方もいらっしゃいましたよ。
  • 夕方からの営業は、完全予約制です。蕎麦会席

 

山麓一の麺街道だった。(361の麺街道)伊那~木曽~高山

国道361号は、日本風景街道に認定されています。

高山から木曽を抜けて伊那に至るドライブコースは、風光明媚で独特な街道風情があります。そして、この361号線沿いでは、地域独自の食文化が根づいています。

高山ラーメン・よもぎうどん・うま辛王ラーメン・どうじそば・すんきそば・高遠そば・行者そば・ローメンなどです。麺を中心にした郷土食の宝庫ですね。

次回は、どの麺に挑戦してみようかと思います。

 

まとめ

伊那市でローメンという看板を見かけました。どんな麺なのでしょう?

次回、361号を、初めての麺体験をしながら、ゆっくりドライブしてみたいと思います。隣の県なのに行って見ないとわからないものです。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます。前橋在住のRikoです。 息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。 Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報をお届けしています。歩かないとリンパが巡らない年齢となり、地元のウォーキングコースやお買物、日帰り温泉などをセットで提案できるようなサイトにしたいと思っています。 また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅をレポートしたりもしています。よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Rikoの散歩気分でハイキング・ウォーキング! , 2018 All Rights Reserved.