群馬・前橋東部の情報をゆるりと更新中!

赤城山・冬の大沼・赤城山雪まつりは?ワカサギ釣り体験?

2019/01/26
 
赤城山
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます。前橋在住のRikoです。 息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。 Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報をお届けしています。歩かないとリンパが巡らない年齢となり、地元のウォーキングコースやお買物、日帰り温泉などをセットで提案できるようなサイトにしたいと思っています。 また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅をレポートしたりもしています。よろしくお願いします。

こんにちは。Rikoです。

1月19日に20年ぶりに冬の赤城山に行ってみました。夫のコージさんは、アウトドア派なので、雪道や少しの雪山には慣れています。

和かんじきを新たに買ったので、試してみたいとRikoも一緒に行くことになりました。

大沼で、ワカサギのテントを見学・覚満淵一周と小沼一周に行ってみました。まずは、大沼の様子と赤城山雪まつりをご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

上武国道からの赤城山

赤城山

上武国道から見た赤城山です。南麓はあまり雪をかぶることがなく、今日も穏やかそうです。北面には、雲が出ていますね。

 

浅間山

上武国道から見た浅間山と榛名山です。

浅間は12月中旬くらいからずっと雪をかぶります。雪をかぶった浅間山はとても美しく大好きです。右側のごつごつした山は榛名山です。

 

赤城山大沼までの道はこんな感じです。

鳥居から、10分ほどは、雪の気配もなく進みます。

赤城山

標高900mくらいのところから、だんだん雪が増えてきます。道の脇だけに雪がありますが。。。

 

赤城山

一気に白銀の世界に突入です。

 

赤城山総合観光案内所

赤城総合観光案内所です。カーブを登るのはここまでです。ここからは大沼に向かってカーブを下りますので、エンジンブレーキを使ったり、アクセルを調整しましょう。という私は乗っているだけです。

 

朝8時半に通過しました。除雪がしてありますね。

赤城山

この辺から、大沼に向かって下りになります。温度は、11時半過ぎに通過したときは、マイナス4度でした。

 

赤城山

大沼に下りて、沼を半周して、覚満淵手前で、左折しておのこ駐車場に入りました。

 

8時40分に到着です。

赤城山

おのこ駐車場には、車がかなり停まっていますね。ワカサギ釣りや、山に登る人も多いいようです。私には、考えられないですが、、、

 

赤城山おのこ駐車場を眺めてみると

赤城山

バスで、来られた方もいらっしゃいますね。

また、車のナンバーを見てみると熊谷・春日部・野田・練馬・世田谷と県外ナンバーも多くびっくりです。

 

赤城山

大沼へ行って見ます。靴は登山靴です。

 

赤城山大沼は全面凍結していました。

赤城山

早くから、ワカサギ釣りを楽しんでいる方でいっぱいです。スケートの方もちらほら?

穴釣りは朝7時から16時までです。16時より翌朝7時までは禁止ですね。釣り以外でも沼に立ち入ることは禁止です。

 

赤城山

ワカサギ釣りの為に、湖面に穴をあけるドリルです。怖そうですが、風が強くてかなり寒いのでこのような感じになってしまいました。ゴメンナサイ(-_-)。

 

ツルツルしながら、釣りのテントの方へ歩いて行って見ました。沼を歩くには、アイゼンがあるとよいですね。

赤城山

赤城神社の赤い橋が見える方向です。ワカサギの魚群がいるようなところにテントを張るようですね。

風が強いので、テントがないととても耐えられません。

 

赤城山

中を覗くことはできませんが、この中に2人か3人くらい入っているようです。

 

沼尻の方を見てみると、

赤城山

さらにテントがいっぱいです。沼を走り抜ける風があまりに冷たいので、5分といられず退散することにしました。

 

赤城山 大沼

沼尻の方から見てもワカサギ釣りのテントがいっぱいです。向こうの山には、霧氷でしょうか?

 

ワカサギ釣りを1度はしてみたいと思っていますが、釣りの経験がない素人には、到底手が出せることではないとわかりました。そこで、

 

第30回赤城山雪まつりで、ワカサギ釣り体験があります。

平成31年2月2日(土曜日)赤城大沼 当日受付 先着100名です。

受付時間は、9時から10時です。

開催時間は、10時半から12時

参加費用3000円です。

(レンタル竿・日釣券・レンタル椅子・1000円分の当日限定食事お土産購入専用クーポンが付きます。)

釣りのサポートがあり、初心者、家族連れOKということです。

体験時間1時間半ということで、ムリがない時間ではないでしょうか。

受付場所はこちらです。青木別館さんです。大洞の商店街です。

おのこ駐車場がおススメです。階段を降りて大沼に出て一番左です。

青木旅館さんは、沼尻のキャンプ場方面にあります。受付は青木別館さんですので、お間違えのないように

詳しくは、赤城山雪まつりで検索していただいて、前橋まるごとガイドでご確認ください。いくつかの会場と時間帯でいろんなイベントがあります

目当てを決めて行動した方がいいかと思います。

雪道が心配という方は、冨士見温泉に車をおいて、赤城山までバスで往復という方法もあります。前橋まるごとガイドに時刻表があります。

犬ぞりレースや予約要ですが、スノーシューツアーやジュニアスキー教室もあります。

 

ワカサギ釣り 防寒対策

スキーや山登りは動きますが、ワカサギ釣りはじっとしていますので、とても寒いと思います。

貼るホッカイロミニを足首内側、お腹と背中に貼り、足用のホッカイロを入れましょう。

首元が特に寒いので、ネックウォーマーをきつく巻きましょう。マフラーをぐるぐる巻でもよいと思います。

スキー用の頬まで覆うようなマスクがあると、なおよいです。

ゴアテックスの山ウェアをもっている方は、問題ありませんし、スキーウェアでも大丈夫です。

私は、フード付きの厚めのダウンとゴアテックスのオーバーパンツでした。帽子と手袋、フード付は必須です。

靴は、ゴアテックスの登山靴で、ワークマンで、間に合わせのスパッツ(400円)を買ってきました。スノーブーツでも大丈夫と思います。

 

県立赤城公園ビジターセンターで身支度

ビジターセンターの方へ行ってみると、東京からのバスが停まっていました。冬の赤城山も賑わっていますね。外国の方もいらっしゃいましたね。

赤城山

ビジターセンターで、身支度をしてトイレを済まし、どこかに移動したようです。

 

赤城山

ビジターセンターの前では、そりができるエリアがあります。

 

赤城山

自分たちは、ビジターセンターで、身支度を整え、覚満淵に行ってみました。不安なことがあればセンターで情報を得て行動しましょう。

 

まとめ

帰りは、キャンプ場の方から一周して帰りました。キャンプ場の駐車場はかなりいっぱいでした。やはり、ワカサギ釣りの方が多いいと思います。

また、ディキャンプか?わかりませんが、テントをいくつか見かけました。そのテントには、煙突がついていますストーブ付きのテントですね。

キャンプ場は、炊事場もトイレも凍結の為使えないと思いました。それなりの準備とキャンプ技術が必要ですね。極寒の中という楽しみ方もあるのですね。

冬の赤城山にもいろんな楽しみ方があってすごい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます。前橋在住のRikoです。 息子が仙台在住となり、群馬・前橋を見直すきっかけとなりました。 Rikoなりのファインダーを通して主に前橋東部の情報をお届けしています。歩かないとリンパが巡らない年齢となり、地元のウォーキングコースやお買物、日帰り温泉などをセットで提案できるようなサイトにしたいと思っています。 また、疑問に思ったことをリサーチしたり、旅をレポートしたりもしています。よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Rikoの散歩気分でハイキング・ウォーキング! , 2019 All Rights Reserved.